一戸建てが売れない時のチェックポイント

家を売りに出した時、すぐに買い手が見つかるとは限りません。 売出価格が適正であれば、速くて1ヶ月以内、遅くても2~3ヵ月以内には買い手は見つかるはずです。 しかし実際には「なかなか売れない」「見学に来てくれる人が少ない」などの事も当然起こります。 一般的に「一戸建てが売れないワケ」は以下の3つとされています。


  • 1.単純に値段が高い
  • 2.物件に欠陥がある。
  • 3.売るための工夫が見られない。

あなたが今売りにだしている一戸建ては上記に当てはまっていませんか? もし仮に当てはまっているという心当たりがあるのなら見直してみるといいかもしれません。 それでは、先に挙げた「一戸建てが売れないワケ」以外にもいくつかポイントがあるので そちらを紹介していきます。


ポイント1『購入者の意欲やモチベーションを下げる要因はありませんか?』

一戸建ての購入を希望する人が物件を見に来た時の外観を見たときや玄関を使った際の印象が暗い狭いと感じたり 部屋の中が思ったよりも狭い、使いづらいというふうに思われるとなかなか購買にはつながりません。 購入希望者が見学に来た時には出来るだけ「すっきり明るく広くきれい」に見せる事が重要です。 これだけ準備をしておけば大丈夫だろうと考えてから、もう一度自分が買う側の気持ちになって客観的に観察してみましょう。 友人に一般消費者の目線で見てもらってもいいかもしれません。


ポイント2『不動産業者から適切に情報が公開されていますか?』

あなたから一戸建てを売る旨の依頼を受けた不動産業者は、内容をレインズという業者間で使われている情報交換システムに登録をしなければなりません。 これにより、他の不動産業者も情報を得ることができ、一戸建ての購入希望者を探す事が出来るようになります。 あなたから売却の依頼を受けたのがA社であっても実際に購入希望者を連れてくるのはA社以外の業者だったりするんです。 しかし、ここで注意しなければいけないポイントを 購入を希望している人を連れてくるのがいつもA社ばかりで他社からの案内が全くないという場合 A社による情報公開が適切に行われていない可能性が考えられます。 仮に情報公開が適切に行われていない場合、売却を依頼した不動産業者とは別の業者に調べてもらえば すぐにわかるんですが、面識が無い業者にこの確認だけお願いするのもなかなか難しいでしょう。


ポイント3『まわし物件にされていませんか?』

一戸建てを普通に売りに出していたはずなのに、いつの間にやら他の物件を引き立てる為の比較にばかり利用されてしまう事があります。 このような物件の事はまわし物件と呼ばれています。 何社かの不動産業者が購入を希望する人を連れてくるにも関わらず、契約に向けての話が一向にない というような場合に注意が必要です。 まわし物件になるときには何らかの要因があるはずですからなるべく早くその要因を突き止めて解消しなければなりません。 大体は売出価格のミスマッチか物件自体の見た目やイメージなど条件が原因となっていることが多いです。 一度まわし物件にされたとしてもそれなりに価格を下げれば売れる可能性は高くなります。 しかし、なかなかそうはいかないことも多いでしょう。 買い換えで先に新居を購入しているでもなければ一戸建て売却を休止するのも一つの選択ではないでしょうか



【広告コラム】

なぜだか手伝いに行く家は、歩いて一分もかからないのに、朝食、昼食、夕食もその家で用意されていた。子供心に自分の家で食べる食事よりも嬉しかったし、普段食べることのできないもた。のも用意されていた。三度の食事のほかに午前と午後の二回、「小昼」というおやつの時間がああぜみちごちそうって、田んぽの畦道で大勢で食べる御馳走の味は今でも忘れられない。仕事そのものは決して楽なものではなかったが、大勢でする仕事の中で、自分も子供ながらに一人前として認められているという誇りを持っていたのである。秋の祭りも楽しみで、冠婚葬祭を除く親戚が一堂に会する機会であり、自分の家に大勢の人が集まるという楽しさ、また親戚の家に行くという楽しさは今でも忘れられない思い出である。私の生家は大家族であったが、食事時に誰かが欠けることは病気以外になかったと思う。先日、当地のレストランで、木で作ったアイスキャンディボックスを荷台にくくりつけた昔ののぼりアイスクリーム屋の自転車が、当時そのままの幟旗と鐘と一緒に展示されてあったのを見て、懐かしい思いと、その辺に落ちていそうな五円もなくて、食べられなかった悔しい思い出とが蘇っこれらのことは多くの人達の心の奥に記憶として残っているはずである。あまりにも半世紀たほんろうらずの時の流れが早く、次から次へと生み出される文明の力に翻弄され、これを手に入れるための金の亡者となり、他人と比べるための学歴社会となってしまったように思われる。その証拠に、本来家事労働から解放される目的で作られた製品が、子供達の労働を奪い、家族みんなでする行為も消した。